ファクタリングと受取手形はどのように違う?

会社経営にとって資金繰りはとても重要な課題と言われます。資金調達は会社の運命を左右するとされ、必要な資金が得られなければ会社は立ち行かなくなってしまいます。資金調達を行う方法には様々あり、売掛金や受取手形などの売上債権を資金化するという手段があります。売掛金を譲渡して現金を得る方法はファクタリングとよばれ、受取手形は手形割引などの方法で資金化します。これらの資金化の方法にはそれぞれ特徴があります。そこで、ファクタリングと手形割引の違いについてご紹介しましょう。

・受取手形とは何なのか?

受取手形は、懇意にしている取引先との間の取引で生じた売上の決済手段として受け取る約束手形のことを言います。約束手形は債権の一種で、一定期間が経過した後に売り上げ代金を支払うという約束に基づいて決済するということになります。このメリットは、一定期間支払いを先延ばしにすることができるということが挙げられます。
受取手形を受け取った側は、通常は受取手形で約束された期日まで待って支払いを受けます。しかし、早期に資金回収をしたいという場合は、期日まで待たず、それよりも前に手形を割り引いて期限前に資金化するという方法もあります。これは金融機関に手形を差し出し、融資に似た形での資金化を図るのです。このような手形割引と言われる資金化の方法は、売上債権を譲渡するのとは異なり、借り入れを行うのと似ています。もしも取引先が倒産してしまい、手形割引で資金を提供した金融機関がきちんと決済金を受け取れないと言った事態になった場合は、手形割引を申し込んだ側に返済義務があるのです。そのため、取引先が倒産した場合、受取手形という方法はリスクがあります。そして、こうした事もなく無事に手形が決済された場合は、一定の手形割引料が差し引かれた金額を手にすることになり、受取手形の額面金額よりも少なくなります。けれども、売上債権を早期に資金化したいという場合は、期限まで待たずに銀行などの金融機関に渡して、資金調達をすることができるのです。

・手形割引はファクタリングとどう違う?

ファクタリングも手形割引もどちらも売上の債権を早期に資金化するための手段です。しかし、これらの手段は違いもあります。そこで、その違いをご消化敷いてみたいと思います。まず、手形割引は融資の扱いになるのに対して、ファクタリングは債権の買い取りということになります。手形割引は受取手形資産を金融機関に差し出すことで、借り入れに近い形で資金化を図ることができます。それに対し、ファクタリングは売掛債権の譲渡によって買取してもらうという意味合いを持っています。買い取りであるので、手形割引とは異なり、返済義務はないのです。債権を買取してもらうと、その後の義務は買い取りを行ったファクタリング会社が負うことになりますので、万が一取引先の会社が倒産してしまって債権回収ができなくなったという場合でもその債権を買取してもらった現金の返済は必要ないのです。
手形割引とファクタリングが異なっているのが不渡りリスクになります。融資のような形で資金化を図る手形は、期日に決済されなければ不渡りということになり、債権回収義務を負うことになりますので、借り入れした資金を返済に充てるということになるのです。しかし、ファクタリングは取引先が倒産して不渡りとなっても、単なる貸し倒れという扱いになり、買取してもらった時の現金を返済する必要がないのです。さらに、回収確実性も異なっています。手形決済は不渡りになってしまうと、銀行取引停止というペナルティがあると言われます。そのため、売掛債権を買取してもらうより、受取手形のほうが回収の可能性は高いという特徴があります。このように、手形割引はファクタリングと早期資金調達という点で似ていますが、様々な違いがあり、返済義務が手形割引はありますが、ファクタリングにはないと言った特徴があるのです。

・手形割引よりもファクタリングのほうが良いのはどうして?

ファクタリングは売掛債権の譲渡によって買取を行ってもらうことで資金化を図る方法です。手形割引とは違い、債権回収義務はないという点などがメリットとして挙げられます。この他にも様々なメリットがあり、早期に資金調達を行いたいという場合には手形割引よりファクタリングを選ぶ方が良い場合があるということなのです。
他のメリットとしていくつか挙げられます。その中でも、ファクタリングはスピーディな対応が期待できるという点があります。審査が早いということはファクタリングのメリットです。ではどうして審査がスピーディなのかと言うと、ファクタリングでは審査で重要視されるのが売掛債権の発行元の信用性になります。そして、ファクタリングサービスを申し込んだ側の信用性はその次となり、必要な書類を用意しておくことでその日のうちに審査が完了して、資金化を図れることもあります。
それに対して手形割引は、申し込んだ側の信用性が重視され、様々な点から審査が行われるため、審査にかかる時間も長くなってしまいます。スピーディな対応を期待する場合にはファクタリグの方が早期資金調達がよりしやすいと言えます。
また、ファクタリングは手形割引とは異なり、重視されるのが売掛債権の発行元の会社になります。そのため、より気軽に申し込みやすいという点もメリットです。それに、ファクタリングは借り入れという性質ではなく、買取という性質の取引であるため、返済義務がありません。万が一の不渡りの場合もリスクが少ないということもメリットです。ファクタリング会社が売掛金を回収できない場合も訴求されないといった契約形態もあるのです。
したがって、リスクをできるだけ回避したいという場合にはファクタリングを利用する方がおすすめです。ファクタリングはスピーディな対応が期待できますので、資金が必要なタイミングで資金化を図りやすいのです。それに対して、手形割引は審査に時間がかかりますし、必要なタイミングで融資を受けられるとは限りません。
こうしたメリットがあるファクタリングですが、注意しておく点もあります。注意点として挙げられるのが手数料が必要で、ファクタリング会社と申し込んだ側だけで行う2社間ファクタリングの場合は手数料が高めに設定されていると言われています。高い場合だと、売掛債権の40%くらいの手数料が必要とされると言ったケースもあるようです。したがって、ファクタリングを行う場合は、どの会社を利用するのがお得なのかをよく比較して、よりお得な会社を選ぶことが大切です。つまり、手数料ができるだけ少ない会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

ファクタリングは売掛債権譲渡によって現金を得る方法です。それに対して、受取手形は手形割引などの方法で資金化をする方法になります。これらの2つの資金化のどちらも早期に売上債権を現金にしたいという時にはよく用いられている方法です。
受取手形は手形割引を金融機関に差し出して融資を受けるという性質に近い方法で、ファクタリングは債権を譲渡し、買取してもらって資金化を図ります。どちらの方法も特徴がありますが、債権発行元の会社が倒産するなどして不渡りが出た場合、ファクタリングは債権の買い取りという扱いであるため債権回収義務などの点ではメリットが多いと言えます。